早起きかつお節屋

ザ・タイガースも観れたし、いい年が始まりました

今年は「カラスミ」作りに励みます
ジュディ・オングとボーイ・ケン
0

     今日はいくぶんか寒さも和らいだ感があります
    皇帝パレードがありました
    今回の皇后役はジュディ・オングさん、流石人出が多かったです

          

    パレードを待ってる時に意外な人がお店に来てくれました
    ボーイ・ケン、長崎出身で日本を代表するレゲエ、ヒップホップのシンガーです
    長崎に帰って来たら必ず寄ってくれます
    本日は公会堂でライヴがあるそうです

    周りにいる大人達(私も大人でした)は誰も知ってる人はいませんでした、けど若い女の子達がボーイ・ケンに気づくと大騒ぎになりました。 それを見て大人達は「誰?」という顔をしてました。
    長崎人ならボーイケン位知ってて欲しいですよね。

        

           
    息子も入れてパチリ


    ボーイケン相変わらずカッコイイ!!
    長崎 | 17:02 | author まーちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    タローが長崎にやってくると噂
    0

       いろんなブログでザ・タイガースの武道館の凄さを読んで、行かなかった事をますます後悔してる毎日です。
      ある人からNHKで3月中旬に放映されるという事を聞き、待ちわびる事にします。DVDも出るというし、楽しみは後回しだ。

      そんな時、友達から「タローが長崎に来る」と言う話を聞いた
      コンサートなどではなく、ちょっとした講演なんだそうだが 以前やった時は歌も披露したと言う事なので
      即参加を希望しました
      まだ詳細は聞いてませんが、楽しみが1つ増えました


      福岡の公演の余韻がまだまだ残っています
      毎日ジュリーのCDに浸っています

           

      この時期のジュリーのアルバムはなかなか高価で手に入れるのが難しい

          

      ジュリーファンの方からリストをお借りしました
      持ってないCDはいつでもお貸ししていただけるという事なので甘えようと思います
      恥ずかしながら、まだ聞いてない曲もあるので早く完全制覇しなくてはいけません、けど量が多すぎて・・・・・・。


      グループサウンズ | 16:59 | author まーちゃん | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      ♪1月24日最後のコンサート
      0

         「Long Good-by」の歌詞みたいに昨日ツアーファイナルが武道館でありました
        9月から始まった「ほぼタイガース」の全国ツアー、楽しませてもらいました。
        40年ぶり復帰の「ピー」のドラミングに驚いたり(38年ぶりに叩いたってほんとだろうか?)、「サリー」のブンブンベースにロックを感じたり、「タロー」の笑顔に癒されたり、「ジュリー」の当時と同じキーで歌うのにプロを感じたりと いろんな事を考えてしまいました。

        闘病中の「シロー」が参加したと聞き、熱いものが込み上げてきました
        あと1人が参加したなら完璧でしたが、それは夢の続きがみれると思う事にしました。
        決してナツメロバンドにならなかったのが流石でした
        マスコミの扱いは小さかったけど(NHKのカメラが入っていたという話も聞きました)ヨカヨカ。
        朝日新聞が1番大きく載せていました

        夢が見れた4ヶ月でした、ありがとうザ・タイガースそしてジュリー。

        グループサウンズ | 17:46 | author まーちゃん | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        本日 SONGS放送
        0

           NHK総合午後10:55より
          沢田研二ザ・タイガースを歌う
          ゲスト 岸部一徳 森本太郎 瞳みのる
          たった30分と不満があるがヨシとしよう、いずれロングバージョンが放送されることを祈って

          24日の武道館コンサート前に我々ファンにとって最高のプレゼントです


          再放送は25日の午前1時頃
          グループサウンズ | 04:56 | author まーちゃん | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          ザ・タイガース、お姉さま方に混じって小さくなって観戦しました
          0

                 

            やっと、やっと体験しました
            私にとっては、1967年9月29日以来の1人を欠いたほぼタイガースのライヴ
            ゲストと言う形になってましたが、私達にとってはタイガースを想像せずに入られないコンサートでした

            入場前会場の入り口に並んでると、当時から応援してると見受けられるお姉さま方の嬉しそうな顔が印象的でした
            私も当時から応援してましたが、やはり女性の応援が強烈でした

            3曲目の「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」や「君だけに愛を」の時の黄金の指は当時そのままの効果を生んでいました
            指された方向のお姉さま方の歓声と手振りは見ていて微笑ましかったです、女学生の姿を想像しました。

            40年ぶりの瞳みのること、ピーのドラミングの素晴らしさは想像以上でした、ほんとに今まで何十年もドラムを叩いていなかったのかと驚きます
            そして元気のよさも、他のメンバーと格段の差がありました
            サポートメンバーの鉄人バンドのグレースさんが助け舟を出すんだろうと思っていましたが、ピーが「ジャスティン」を歌う時ドラムを叩いた位で、それ以外はパーカッションでサポートしていました。
            ピーのドラム凄い!上下に揺れながらのドラミング最高です
            「ジャスティン」の間奏で、ピーはツイスト、ジュリーはモンキーダンスを踊っていました。ステージを左右に動き回っていて、まじかで見れて人は幸せだったと思います。またこの曲の途中でジュリーがほんの少しドラムを叩きました。

            タローの「ビコーズ」もよかったですね、タローは今でも現役でバンドをやってますから安定した演奏を聞かせました
            サリーのブンブンベースも健在でした、休憩後の「淋しい雨」でもそれを感じました。
            やはり元ロックをやってた人は違うと思いました、タイガース在籍中も「岸部修グループ」として野音に出ていたのを聞いた事があります

            ジュリーが歌う「花の首飾り」もいい味がでていました

            「怒りの鐘を鳴らせ」で観客が右手を突き出す場面は、会場の上のほうから見ていて鳥肌モノでした。

            今まで行ったいろんなライヴと違い、一緒に口ずさむ私がそこにいました
            ある曲で、ジュリーが歌うタイミングを外した時もみんなが笑うという暖かいライヴでした

            まだまだいろんな事を書きたいんですが、こんなところで・・・・

            最後ジュリーが「いつかは岸部シローや加橋かつみも参加するのを期待します」と言うような事を言っていました。私もその夢の実現を心より期待したいと思います

            「青い鳥」「落葉の季節」「美しき愛の掟」「シー・サイド・バウンド」「シー・シー・シー」みんなみんな素晴らしかった

            ラストの「ラヴラヴラヴ」で会場全体右手の親指と人差し指で「L」の文字を作ってのコーラス

            終った
            グループサウンズ | 09:37 | author まーちゃん | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
            やっと沢田研二に会える
            0

               去年の夏から待ちに待ってた、沢田研二のコンサートが本日福岡であります
              いろんな方から「良かった」というような声を聞き、悔しい思いをしていました
              私のお店にも、本日参戦する方が数名寄ってくださいました
              その中のお1人から、2008年NHK−FMで放送された「ジュリー三昧」の音源を頂きました

                   

              12時間分!ゆっくり聞きたいと思います

              会場では知人がいる事と想像できます、楽しんできます。



              12月から作り始めた「からすみ」が出来上がりました

                  

              見栄えはいいけど味はイマイチ。初めてだからしょんなかです。
              プロの技術を今更ながら驚いてしまいます
              まだまだ未熟ですが、これから毎月5〜6腹ぐらい練習で作りたいと思います
              勿論、私のジャックの肴用です


              からすみ繋がりで、今年買ったお節にからすみが一腹付いていました。
              なかなか豪勢でした、後で聞いたら私だけのサービスとの事。
              春から縁起がいい

                   

              今年もブログをよろしくお願いいたします
              去年は「くんち踊町」でネタには苦労しませんでしたが、今年はどうなるのか・・・・・
              お楽しみ下さい
              では、福岡へGO!
              グループサウンズ | 07:03 | author まーちゃん | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
              沢田研二のチケット届く
              0

                 来年一月の福岡公演
                確かにクソ席です
                ayuやストーンズを見る時は毎回いろんな手を使って5列目以内で参戦しますが、今回はこれでもいいかと諦めています。
                見れるだけでヨシとしなければ

                       

                沢田のコンサートに行ったのは「忘却の天才ツアー」の長崎ブリック、かなり前です。
                最前列では、いかにも追っかけしてます風の年配の熟女達が声援してました。多分タイガース時代からのファンなんでしょうね、尊敬します。
                私の知り合いにはカークン(諸星)のファン達がいますが、それはそれは今でも大変な追っかけ集団です。彼女達の応援があるからみな頑張れるんでしょう。

                男ファンとして私も沢田研二を応援し続けます
                見栄えじゃない、日本を代表するロックボーカリストといっても過言ではない。


                グループサウンズ | 06:50 | author まーちゃん | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                ザ・タイガースのセットリスト届く
                0

                   タイガースの話題は後ほど

                  8日は中央公園で船回しの練習がありました
                  足もすっかり治った私は町内から船に同行しました

                  賑町と築町の青年会の方々が交通整理をしてくださいます、毎回頭が下ります

                  前回のお旅所での場所踏みがなかなかよかったので今回も期待してしまいます
                  が、何故かいまいちよくない。
                  ただダラダラと練習をこなしているだけ
                  根曳の顔も気合が入ってない

                       

                     


                           

                                      

                               飾船頭と網打船頭、すっかり仲良し



                  最後の船回しはやってくれました
                  全員気合が入ってて見てても気持ちがいいものでした
                  こんな船回しをしないと、他町の方々が笑いますよ

                  今朝、理由がわかりました
                  前回お旅所でやった船回しをやめる様に言われたそうです
                  私はムカッとして
                  「あれしないと盛り上がりは無いよ」と言ってしまいました
                  その根曳さんも
                  「するなと言われて、気が抜けました。でも最後にやっちまえとやって、皆の気持ちが1つになったようでした。」と話しました。
                  私は絶対やるべき、お諏訪さんでも絶対やるべきと応援しました。
                  なにかあったら、私が責任取る覚悟です。

                  練習も仕上げの段階に入ってるのに根曳の気合を抜くような事を言ったらダメだと思いますがどうでしょう?

                  今までやった事がないからやるなと言うことでしょうか
                  くんちの伝統は守らなければなりません、でも伝統を守る為に何かを変えることも必要だと思います。

                  子供達も少しずつ上達してます
                  今日も特訓お疲れ様






                  さぁタイガースの事書きます
                  9月8日国際フォーラム、ツアー初日セットリストです

                  1.ミスタームーンライト 
                  2.ドゥ・ユー・ラブ・ミー 
                  3.タイム・イズ・オン・マイ・サイド 
                  4.僕のマリー 
                  5.モナリザの微笑み 
                  6.銀河のロマンス 
                  7.坊や祈っておくれ

                  8.ビコーズ
                  9.サティスファクション 
                  10.ジャスティン
                  11.淋しい雨 
                  12.風は知らない 
                  13.散りゆく青春 
                  14.花の首飾り 
                  15.割れた地球 
                  16.怒りの鐘を鳴らせ 
                  17.美しき愛の掟 
                  18.青い鳥 
                  19.シーサイド・バウンド 
                  20.君だけに愛を
                  21.誓いの明日 
                  〜アンコール〜 
                  22.シーシーシー 
                  23.落葉の物語 
                  24.ラブ・ラブ・ラブ

                   オープニングが「ミスタームーンライト」とは考えつきませんでした
                  ロイ・リ・ジョンソンのオリジナルですが、ビートルズがアルバム「フォーセール」でカバーしたのが有名です
                  当時の日本テレビの放送で、ビートルズが日本に来日して空港から車でホテルに向っている時のBGMとして使われましたねたね。
                  まったくこのオープニングは驚きです
                  いきなりハイテンションでご年配方の呼吸を乱すことがあってはならないとの配慮ででしょうか?

                  3曲目の「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」ならありえると思ってましたが、この曲は71年の解散公演のオープニングとして使われましたから、「今回も・・」と想像してましたが残念でした。 
                  ストーンズの「ゴット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット」のアルバムヴァージョンで今回も歌ってると想像できます。
                  ジュリーの黄金の指が客席を湧かせた事でしょう

                  今まではい鉢イ隆屬鉾売順の「シーサイドバウンド」が入る事が多かったようですが、今回は違ってますね。
                  Г盂擇靴澆紛覆任垢
                  ┐痢ビコーズ」はタローのリードボーカルでしょうか、今回「イエロー・リバー」は歌わないんでしょうか、それとも他の公演で歌うんでしょうか。
                  でジュリーが会場を湧かせた後で、の「ジャスティン」、ピーのボーカルだと思います。「ヘンリー8世君」は他の会場で歌うんでしょうか。

                  で「花の首飾り」、トッポもシローもいないからジュリーが歌うんでしょうか、聞き物です。
                  はアルバム「ヒューマン・ルネッサンス」から「割れた地球」。このアルバムはトッポの色が濃いかったですね。
                  ジャケットがそれを現しています、ストーンズでいえば「ダーティワーク」みたいなアルバムでしょうか。
                  「ヒューマン・ルネッサンス」の中でも「割れた地球」はトッポ色が薄いナンバーですからセットリストに入れたのか????。

                  どんどんヒットナンバーが続きます、会場のボルテージが上がってる事でしょう。

                  欧痢青い鳥」ファイナルコンサートではタローは涙ぐんでしまいましたが、今回そういう事はないでしょう。ジュリーとのハモリは素晴らしい事でしょうね
                  海海海法シーサイドバウンド」が入ってます
                  棺个泙靴拭黄金の指炸裂、場内大興奮「君だけに愛を
                  21の「誓いの明日」は必ず歌うと思ってました
                  アンコールに答えて
                  シー・シー・シー・」、私もしかしてこれがオープニングと考えてましたが、違ってましたね、ノル曲ですよね。
                  落葉の物語」で呼吸を整えて最後のおなじみ
                  ラヴ・ラヴ・ラヴ・」でフィナーレ

                  ア〜待ちどうしい。
                  音を録った人譲って下さい、お願いします。
                  音質こだわりません、場内の空気が伝わればそれでいいんです。
                  もっと書きたいけどこれで終り

                  長崎くんち | 14:43 | author まーちゃん | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
                  沢田研二(今回はほぼタイガース)の福岡チケットゲット
                  0

                     痛風も治りつつある、そのお祝いでもないでしょうが沢田研二(、いや今回はザ・タイガースと言ってしまいましょう。)の福岡公演のチケットがやっとゲット出来ました。
                    チケットはまだ手元に着てないから座席はわかりませんが、とにかくホッとしました。
                    郵便局で送金したら局員の女性が「楽しみですね」と声をかけてくれた。
                    通信欄に「沢田研二チケット」と書いたのが見えたらしい

                    さぁライヴ当日までタイガースのおさらいをしなくては

                          

                    10数年前に買ったタイガースパーフェクトCD BOX12枚組みが役に立つ時が来た

                        

                    「オン・ステージ」ファーストアルバムですね
                    1967年8月22日サンケイホールでのライヴを録音したものです
                    私はその1ヵ月後の9月29日に、長崎公会堂で彼らを初体験しました。内容はほぼ同じだったと記憶してます。
                    トッポはサンケイホールでは「ホリディ」を歌ったようですが、長崎ではモンキーズの「自由になりたい」でした。

                      

                    これはタイガースの初めての映画「世界はボクらを待っている」のサウンドトラックです
                    映画では別バージョンでいろんな曲を歌っていましたが、このアルバムには映画バージョンは1曲も入っていません、残念です。でも映画のセリフが入ってるからガマンします。


                      
                    ヒューマン・ルネッサンス
                    ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド」の日本からの答えみたいなアルバムですね。
                    トッポのアルバムと言ってもいいようなアルバムです、ジュリーガマンしてます。
                    このアルバムからは「青い鳥」がライヴでプレイしそうですね

                        

                    「自由と憧れと友情」4枚目のアルバム
                    トッポが脱退してシローが参加したアルバムですね、ここからライヴでプレイするのはどれでしょう?


                       

                    田園コロシアムでのライヴアルバム
                    1枚目は外国のカバーばかり、2枚目はタイガースオリジナル曲を歌っています
                    時代でしょうか、ニューロックの香りがします

                     

                    涙涙のファイナルコンサート「ザ・タイガース・フィナーレ
                    当時は1枚で発売してましたが、このBOXでは2枚組みとなっています
                    この会場にトッポも来ていたんですね、ステージに上がるのを拒んだのはピーだったといいます。
                    沢田研二の「ロング・グッバイ」で歌ってる、1月24日最後のコンサート〜〜というのがこの日ですね。ピーはこの公演を最後に引退します。   そして40年ぶりに復活するのがこんどのツアーです。 ピーは何歌うんでしょう?ヘンリー8世君でしょうか、それとも新曲の・・・・・・。



                    シングルコレクションです
                    全シングルのA面B面が入っています
                    ライヴではここからプレイする曲が多いでしょうね
                    絶対歌うのは「僕のマリー」「シーサイドバウンド」「モナリザの微笑」・・・・いろいろあります。
                    「花の首飾り」はどうなるんでしょう???

                     
                    レジェンド・オブ・ザ・タイガース」アウトテイクなどが入っています
                    ここに入ってる「涙のシャボー」を是非演奏して欲しい、何故この曲が発売されなかったか不思議です。

                      
                    ザ・タイガース チャリティーショー
                    デビューアルバム「オン・ステージ」の4ヵ月後12月13日サンケイホールでのライヴです。
                    当時はテープでしか発売されなかったので、知らない人も多いと思います。
                    デビューアルバムと重複する曲もありますがたった4ヵ月後というのに余裕を持った演奏をしています。頂点にたったグループを堪能できます
                    1曲目「サティスファクション」をやり直すところなんか笑ってしまいます。
                    トッポは「ニューヨーク炭鉱の悲劇」を歌います、やっぱビージーズですね。

                    このBOXを毎日聞いてライヴの予習にしたいと思います、いや待てよ、82年に再結成(同窓会)してるのでその時の曲もまだまだあります
                    痛風が治ったからと言って 遊びまくる暇はありません

                    来年の1月楽しみです
                    鬼が笑う?笑うなら笑ってみろ!!
                    グループサウンズ | 17:24 | author まーちゃん | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    Boy-Kenご来店
                    0

                       長崎出身でレゲエやヒップホップ界では知る人ぞ知る「ボーイ・ケン」が久し振りに帰省
                      私のお店の近くに実家があるので、帰省の度に寄ってくれます

                      今回は長男「譲(じょう)君」のお宮参りの為に長崎に帰って来たそうです
                      今日あたり「諏訪神社」でお祓いをしてる事だと思います

                      長崎にはこんな凄いミュージシャンがいるのを地元の方々はもっともっと自慢するべきだと思います

                      私の知り合いの芸妓さんも彼のファンで、彼女がデビューした時 ボーイ・ケンから祝電が届いて喜んでいました
                      芸妓さんとボーイ・ケンという 関係も面白いですね



                            

                      - | 09:17 | author まーちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |